BLOG

下島輝星

3年間ありがとう

皆さんどうも下島輝星です。久しぶりのブログの更新が最後になってしまって申し訳ないです。解散が発表されてからブログの更新は決めていたのですが、どうしてもしんみりしてしまう空気にしたくなくてとうとう今日まで来てしまいました。お待たせしてしまってごめんね。

まずは昨日のライブありがとうございました。間違いなく人生で一番忘れられない時間になりました。今でもあの光景が頭に鮮明に残っています。声は出せないけど一生懸命に皆がかかげてくれるペンライトや拳がステージ上から沢山見えました。やっとここまで来れたんだな。と強く思えて、私がやりたかったことはここにあったんだと最後に再確認できました。Zeppで始まりZeppで終わる。コインロッカーズの3年間を無事に締めくくることができました。

最後のZeppHanedaはとにかく生演奏にこだわりました。極力MCも少なめのセットリストでしたが音楽で伝えることができたはずです。一部の曲はショートサイズになってしまいましたがコインロッカーズの全楽曲をお届けすることができました。「夢は弾いてかなえる!」そのタイトル通りのライブができて本当に良かったです。

そして今日。ついに解散の日になってしまいました。
本当に今日解散なんですかね?私は全然実感ないです。昨日ライブが終わっても、メンバーとあそこミスしちゃった〜とかまつりな話長すぎ〜とかケーキおいしい〜とかいつもの会話をずっとして、あっという間に時間が経ってました。おつかれ〜って言っていつも通りにメンバーとお別れもしていつの間にか今日になりました。

少し振り返れば
高校3年生からのこの活動の始まりは過酷なものでした。
芸能活動をするなら退学になると高校に言われ、それでも始めたこのコインロッカーズというグループ。正直、最初は全てを捨てて芸能活動を始める意味はあるのか不安でした。ですが恐る恐る踏み出したこの一歩に後悔はありません。

ただの高校の軽音部でギターを弾いていた私がいつの間にかZeppでLIVEをするアーティストになり、横浜アリーナでソロを弾き、自分が学生の頃カバーしていたアーティストと同じステージに立っていました。人生何が起こるか分からない、本当に幸せな時間でした。

色んな思い出があって一つ一つ細かく書いていきたいとこですが長くなってしまうのでとりあえず胸にしまいます。また今度どこかで話せるときが来たら皆さんとお話したいです。

芸能界という場所は嬉しいことだけでは続かないです。
売れなかったら見切りがつけられる、しょうがないことです。でもみくが言っていたようにパラレルワールドの私達が見たかった。
コロナがなかったら?ライブが中止にならなかったら?あのテレビに出演できてれば?いろんなタラレバが出てきては悔しい思いでいっぱいになります。
皆が昨日言っていた、解散するなんてもったいない。
私だって思うよ!
こんなに良いグループ他にないです。皆ががむしゃらになって一つの音楽作り上げて、なにもこの世界分からない女の子たちがひたすらに真っ暗な道を前に進んで、ここまで来たんです。本当に悔しい。

でも大丈夫。
ここまで来れた私達ならきっと次のステージでうまくやっていけます。
そこが芸能界という場所じゃなくとも、みんな輝き続けていると思います。

そしてコインロッカーズがなくなっても音楽は残り続けます。
どうか忘れないでね。

昨日のMCでも言いましたが私はほんとに全員が大好きすぎるんです。ファンの人もメンバーも。
好きすぎるんです。だからそれが寂しい。
メンバーとはもう友達という枠組みを超えた関係だと思っています。何かを一緒に頑張る仲間ができて良かった。人生で1番の宝物です。
そしてそれを見届けてくれた皆さんも本当にありがとうございました。とにかく感謝でいっぱいです。

ずっと応援してくれてありがとう。ギターをコインロッカーズで弾かせてくれてありがとう。ギタープレイ褒めてくれてありがとう。私の話で笑ってくれてありがとう。いつも楽しい話を聞かせてくれてありがとう。私を好きでいてくれてありがとう。

ここで私の第1章は終わりです。次のステージに向かいます。

みんなと出会えて本当に良かった!大好きだよ
またどこかで会おうね!























エレキギターとギャル担当 下島輝星 でした😊